時計 パテックフィリップ

  • パテックフィリップ 永久カレンダークロノグラフ 5270R-001 K18RG 手巻 メンズ
  • パテックフィリップ 永久カレンダークロノグラフ 5270R-001 K18RG 手巻 メンズ
  • パテックフィリップ 永久カレンダークロノグラフ 5270R-001 K18RG 手巻 メンズ
  • パテックフィリップ 永久カレンダークロノグラフ 5270R-001 K18RG 手巻 メンズ
  • パテックフィリップ 永久カレンダークロノグラフ 5270R-001 K18RG 手巻 メンズ
  • パテックフィリップ 永久カレンダークロノグラフ 5270R-001 K18RG 手巻 メンズ
パテックフィリップ 永久カレンダークロノグラフ 5270R-001 K18RG 手巻 メンズ パテックフィリップ 永久カレンダークロノグラフ 5270R-001 K18RG 手巻 メンズ パテックフィリップ 永久カレンダークロノグラフ 5270R-001 K18RG 手巻 メンズ パテックフィリップ 永久カレンダークロノグラフ 5270R-001 K18RG 手巻 メンズ パテックフィリップ 永久カレンダークロノグラフ 5270R-001 K18RG 手巻 メンズ パテックフィリップ 永久カレンダークロノグラフ 5270R-001 K18RG 手巻 メンズ

お問い合わせNo. 191875R

  1. 時計
  2. パテックフィリップ

パテックフィリップ 永久カレンダークロノグラフ 5270R-001 K18RG 手巻 メンズ

¥ 13,360,000 (税込)

数量

  • 銀行振込
  • 代引引換
  • カード
  • ローン
  • 送料・代引き手数料無料
  • VISA
  • Master Card
  • JCB

分割払いシュミレーション

ローンお申込み額
お支払回数
月々のお支払目安額
0

JACCS

※月々のお支払額は3000円以下に設定出来ません。
※あくまでも目安の金額です。詳しくは
をご覧ください。

コンディションについて

コンディションについて

  • 新品
    当社がメーカーや卸業者様より仕入れを行った新品
  • 新品同様未使用品
    お客様から買取をさせて頂いた際に未使用のもの
    ※ジュエリーは中古の石を使い、新品の枠などで作り直した商品を含みます
  • Aランク
    比較的使用感の少ない中古品
  • Bランク
    使用感のある中古品
  • Cランク
    使用感の強い中古品

商品詳細

  • コンディション
    中古美品
  • 状態
    使用感の少ない、たいへんきれいな中古です。サファイアガラス風防にキズはありません。純正革ベルトは使用感の少ない状態です。
  • ブランド/メーカー
    パテックフィリップ
  • タイプ
    メンズ
  • 名称
    永久カレンダークロノグラフ
  • REF/CAL
    REF.5270R-001 CAL.CH29-535 PS Q
  • 駆動方式
    手巻
  • 材質
    K18RG(ローズゴールド)
  • ケース径(リュウズ除く)
    ケース径 41ミリ(カタログ値) ケース厚さ 12,4ミリ(カタログ値)
  • ベルト
    純正革ベルト/純正K18RG二つ折りバックル
  • 年式
    保証書の日付は2018年6月
  • 付属品
    外箱 内箱 取説 保証書(2018年6月 国内正規) 交換用裏蓋 カレンダー調整ピン パテックフィリップジャパンオーバーホール明細(2020年2月)
  • 保証
    「6ヶ月」ですが「2020年2月7日~2年間のメーカー修理保証」も付いています。尚REF.5270は国内オーバーホール対応モデルです。
備考
*2018年6月販売で使用感の少ない状態での2019年12月オーバーホールというのは少し早い気もしますが、精度調整を保証修理で依頼したところメーカーの判断でオーバーホールとなったものです。より安心してお使いいただけると思います。
*シースルースクリューバックですが交換用の通常の裏蓋も付いています。
*33石 耐震装置 ブレゲヒゲゼンマイ ジャイロマックステンプ フリースプラング緩急調整方式 コラムホイール式 最大約65時間のゼンマイ持続時間 28,800振動 秒針規制付 パテックフィリップシール刻印 30分迄計測可能なツーカウンタークロノグラフ
*2009年開発の自社ムーブメントCH29-520が搭載されています。それ以前によく使われていたレマニアベースのCH27-70との大きな違いは、CH27-70が18,000振動 秒針規制なし、CH29-520が28,800振動 秒針規制付、といったところでしょうか。
*パテック初の自社開発クロノグラフムーブメントは2005年のCH27-525となるようですが、これはごく少量しか生産されていないようです。一般的には2006年開発の自動巻クロノムーブメントCH28-520、2009年開発の手巻クロノムーブメントCH29-535、となるようです。自動巻(CH28-520)は動作の安定性に優れる垂直クラッチ、手巻(CH29-535)は伝統的な水平クラッチで設計思想が異なるようです。自動巻(CH28-520)のプッシュボタンのタッチは、かたい感じだっだと思いますが、手巻(CH29-535)は古典的なクロノグラフのような、やわらかなプッシュボタンのタッチがある程度再現されています。手巻(CH29-535)は伝統的な構造を取り入れつつも、小さめのテンプがスピーディに動いている様子や、ヒゲゼンマイに少し似た感じの見慣れないパーツや、独自の構造を見ていると、現代のクロノグラフとして進化していることが感じられます。
*4時位置と5時位置の間の小窓は閏年から何年目であるかを示しています。画像では4年目(閏年)であることを示しています。「日付」は6時位置のディスクカレンダーで表示されます。8時位置と7時位置の間の小窓は、白また青で昼夜を示しています。取説では、午前6時~午後6時は「白」、午後6時~午前6時は「青」で表示されると説明されていますが、完全に「白」の状態は午前8時頃~午後4時頃まで、完全に「青」の状態は午後8時頃~午前4時頃まで、で、それ以外の時間帯は白と青の割合が徐々に変化します。
*取説によりますと午後5時半~午前2時まではカレンダーとムーンフェイズの調整を行なわないように指示されています。特にムーンフェイズは午後6時頃に切り替わりますのでご注意ください。複雑なカレンダーの調整は気を使いますが、また早送り禁止時間帯を覚えるのも面倒ですので、小窓が完全に白の状態の時だけカレンダー調整を行なうと決めておけば、簡単かつ確実で良いと思います。
RECOMMEND

おすすめ商品